【ブログで稼ぐ仕組み】どうやってお金を発生させているの??

今や有名なブロガー。

月に何十万円も稼いでいるとかっていう話を聞きますね。

でも、本当にそんなにブログで稼げるの?

そもそも文章を書いているだけでどうやってお金が発生するの?

なんてことを思いますよね。

 

この記事ではブログがどのようにお金を発生させているのかということについて書いていきます。

ブログでお金が発生する原理

まずは、ここですね。

そもそも、なんでブログを書くことで収益を上げることができるのか?といったことです。

それは、たくさんの企業が物を売りたいから。

 

は?

 

たくさんの企業があってそれらの企業はいっぱいものを売りたいはずです。売った分だけ利益は増えますからね。CMを打って商品の購入者を増やしたり、商品紹介のページを作ってネット上で販売したりしていますよね。

でも、やっぱりこれだけじゃ見てくれる人は限られます。

もっと多くの人に見てほしい・・・

じゃあ、もっと多くの人に紹介してもらおう!

 

無料で紹介してくれるはずはないからお金をあげて紹介してもらおうか。紹介する媒体はネット上にあるものでもいいんじゃないかな。

と、なって生まれたのが広告収入やアフリエイトと言われるものですね。

広告収入って?

もはや広告収入なんて知っている人も多いはず。

ブログに広告を貼って、その広告がクリックされたら収益が発生していきます。1クリックの金額は大体〜30円ぐらい。

えー30円かあ、しょぼいなあって思うかもしれないけど、何回もクリックもされれば、それだけ自分が手にすることができるお金の量も増えていきます。

  • 1万PV:〜1,000円
  • 5万PV:3,000〜10,000円
  • 10万PV:10,000〜50,000円
  • 20万PV:50,000〜100,000円
  • 30万PV:100,000〜150,000円
  • 40万PV:150,000〜200,000円
  • 50万PV:200,000〜250,000円
  • 100万PV:500,000〜750,000円
  • 150万PV:750,000〜1,250,000円
  • 200万PV:1,000,000〜2,500,000円
  • 250万PV:2,000,000〜3,000,000円

まだ東京で消耗してるの?

どれぐらいのPVでどれぐらい収益が生まれるかといった「収益早見表」です。ただ、自分の持っている他のサイトは、この表のPV目安よりも全然お金が発生しているのであくまで目安ですね。

PVというのはページビューの略で、自分のブログのページが表示された回数を示しています。数が多いほど人気のブログっていうことだね。PVが多いほどもちろん広告収入も上がっていきますね。

広告の種類

広告にもいっぱい種類があるよね。化粧品の広告だったり、ゲームの広告だったり資格の広告だったり。どの企業も買って欲しいから広告を出してみんなに宣伝してるんです。

例えば、ゲームに興味があってPS4が載っている広告があったらついクリックしてしまいそうになりますよね。もしかしたらそのまま買ってしまうかもしれません。

その行動を企業は狙っているんですね。

企業はグーグルなどの広告を掲載してくれるシステムに登録し、そのシステムによって広告がネット上に表示されています。

で、その広告をクリックすると貼ってくれたブログ運営者にお金が入る。広告の種類によって入ってくる金額は結構違います。転職やクレジットカードなどの広告は高い傾向にありますね。

どのように広告が掲載されるか

広告がクリックされてお金が発生するのは分かったけど、どんな広告が自分のブログに掲載されるの?

という疑問が湧いてきますね。

自分の興味のある分野の広告が表示されるなあ、と思ったことはありませんか?

実はあれは、個人に合うように最適な広告が表示される仕組みになっているんです。例えば、化粧品に興味があれば、ネットで化粧品のことを調べますよね。

そのデータから解析して「この人は化粧品に興味があるんだな、だったら化粧品の広告を表示させてやろう」となるんです。広告を見せるなら、興味のある人の方が絶対いいですもんね。買ってくれる確率が高まります。

それらの広告を選別しているのがGoogleAdsenseやnendなどのアドネットワークと呼ばれるものです。

アドネットワークの仕組み

nend

「広告主が広告を出稿」→「アドネットーワーク」→「サイトやブログに表示」という流れで広告は表示されます。

図で言うと、真ん中がアドネットワークです。

広告を出稿したい企業はたくさんいます。それらの企業が出稿した広告はアドネットワークを通して、ブログやサイトに表示されるんですね。アドネットワークをなぜ通すのかと言うと、より最適な広告をブログやサイトに表示させるためです。

この辺りはけっこう奥が深いので、「DSP」や「SSP」、「アドネットワーク」といった単語で調べてみてください。(ここが一番分かりやすそうかな→アドネットワークの仕組みと特徴)

GoogleAdsense

GoogleAdsense

広告収入といったらGoogleアドセンス。

Googleが提供しているサービスです。大手だけあって安心感がありますね。広告収入を得ようと思ったらまずは、ここに登録しましょう。クリック単価が高いです。

ただ、審査があります。

広告を貼りたいブログやサイトを審査してもらい、合格しないと広告を貼ることはできないんです。今は独自ドメインでなくてはいけないので、ちょっと敷居が高くなってしまいました。

独自ドメインとは?

独自ドメインとは、簡単に言うと自分で決めることのできるURLのことです。

ブログでもサイトでもURLを持っていますよね。例えば、Appleなら「http://www.apple.com/」、Amebaなら「https://www.ameba.jp/」等ですね。このURLを自分で決めることができます。Googleアドセンスの審査を通すためには、これを取得しないといけないんです。

気になるのは、値段ですよね。ちょっと幅はありますが、年間1000円ぐらいで済みます。

nend

nend

アフィリエイトで有名なA8.netを運営している企業のサービスです。

nendの特徴は、スマホに特化しているので、スマホにしか広告が表示されないということです。スマホからのアクセス数はもちろん多いですが、PCに表示されないのは収益の損失につながるかもしれません。PCでも広告が表示されるようにnendを使う方はGoogleAdsenseへの登録も考えた方が良いでしょう。

どのアドネットワークに登録すればいいの?

探せば広告をブログやサイトに配信してくれるサービスは、いくつか出てきますがその中でもどれを使ったらいいのか迷ってしまうと思います。

これは、GoogleAdsense一択です。

Googleアドセンスは審査こそ厳しいものの、他のものと比べて広告単価が高めです。せっかく広告を設置しても、1クリック30円と1クリック10円では断然前者を選びますよね。

審査に通すために、コンテンツをある程度ためておきましょう。

アフィリエイトって?

広告とは別にアフィリエイトという言葉もよく聞きますよね。

このアフィリエイトも広告と似たようなものですが、違う点がいくつかあります。

  • ほとんどは、広告のようにクリックでの単価発生ではなく成果報酬
  • 単価が高い
  • クリックではないので、成約は難しい

アフィリエイトの場合は、アドセンスのようにクリックではないです。企業からリンクをもらい、そのリンクを介して商品が購入されたら報酬が入るという仕組みです。

そして、この報酬額ですが、高いものは1万円や2万円ぐらいはします。1件でこれぐらい稼げます。

まあ、その分成約は難しいですよね。

クレジットカードや転職関係などの報酬額はかなり高めに設定されています。競合は多いのでなかなか報酬額が高い分野で稼ぐのは難しいと言えますね。

アフィリエイトリンクの取得方法

企業からリンクをもらって、そのリンクを介して購入されたら報酬がもらえる。ということは分かったと思いますが、そのリンクはどこから貰えばいいのでしょうか。

これは、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)というアフィリエイトを管理しているところがあるので、そこからリンクをもらいます。

有名どころだとA8.netやバリューコマースあたりですね。これらのサイトで企業のアフィリエイトのリンクを管理しているんです。じゃあ、自分たちはここに登録してそれらのリンクを貰えばいいわけですね。

リンクを取得する方法は簡単で、

  1. ASPに登録
  2. 欲しい広告やリンクを申請

これだけです。申請が通ったらリンクを自分のブログに貼り付けましょう。誰かがそれをクリックして購入してくれたら報酬が入ります。

まとめ

なんとなくブログでお金を稼ぐ仕組みは分かったでしょうか。

  • クリック型の広告収入
  • アフィリエイトの収入

この二つで稼いでいる人がほとんどです。

どちらも稼ぐのは難しいですが、見てくれる人がいるのならばその可能性は広がります。

売る商品がなければ、広告収入。もっと大きく稼ぎたければアフィリエイトで報酬を得ることを考えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です